メインイメージ画像

短時間か長時間かの違い

レンタカーとカーシェアリングのどういう風に違うのか言うとカーシェアリングは最初に登録を必要としますが、これがレンタカーの場合は会員登録は必要ありません。さらに、カーシェアリングは15分という短い時間から24時間使用可能です。レンタカーは事務所の稼働している時間内に、申し込みが必要となりますのでその点はカーシェアリングは便利だといえます。そして、レンタカーの場合は使った後ガソリンを満タンで返すのに対し、カーシェアリングの場合は入れる必要はなく、返してよいと聞きます。

我々にとって乗用車の必要とはどういった事にあるのでしょうか。

ちょっとしたショッピングや送迎、その他にも今は高齢化に伴い介護車を見かけることも多くなりました。デイサービスなどは、個々の家に迎えに行き利用者を乗せ施設まで送るのです。帰宅時も送っていく必要があるので、車が絶対要ります。また、幼稚園などでも遠方の場合や幼稚園のバスがないならば送り迎えに車は必須になります。

兄弟の送り迎えが目的で、毎日のように自家用車を利用する人も多いようです。

子供や旦那さんを毎日必ず車で送迎するのが決まりの人にとって、車は必ず必要なものなのです。塾帰りが深夜になる家族は、迎えの車があれば危機管理という面でも不安を感じません。最近では、手が離せない年頃のこどもがいても自動車免許が取得できるような託児のあるドライバー養成所も多くあって、子育て中の人が自動車免許をとる為に通うことも多いのです。自宅に車があると行動の幅が広くなり、その結果多くを取得し、豊かな日常が過ごせます。